老人病院のパートは職場によって当たり外れが大きい((+_+))

 

子育てと仕事を両立させたいママさんナースや、プライベートを重視したい方の多くは、
自分のペースで働く事ができるパートを選択しています。
しかし、一般病院では、たとえパートでも残業があったり土日の出勤がある為、
クリニックや介護系の職場を選ぶ方がとても多いですよね。

 

介護系の職場は、老人病院、グループホーム、老人ホーム、老健など様々ですが、実は、当たり外れがとても大きいのが実状なんです。

 

その原因は、介護施設のスタッフ不足です。

 

現在は、ほとんどの介護施設でスタッフが不足しており、ギリギリの人数でまわしている状態です。
その為、残業が少なく、希望の休みが取れる、といったイメージからは大きくかけ離れ、毎日の残業や、休日出勤を強いられる、といった施設が沢山あるんです。

 

子育てと仕事を両立させる為に老人病院でのパート勤務を選んだとしても、スタッフ不足の為に、残業の毎日、条件にはなかった夜勤や休日出勤もお願いされる状況も少なくありません。
さらに、介護系の職場は一般病院に比べると給料も安いんです。

 

一般病院で働いているのと大差がなく、それでいて給料が安いとなれば、せっかく転職しても意味がなくなってしまいますよね。
そのような職場は、スタッフの入れ替わりが激しく、職場の雰囲気もあまり良くないところが多いんですよ。

 

老人病院などの介護系で働く場合には、事前に職場の情報を調べる事は必須ですね。
当たり外れが多い介護系の職場は、安易に職場を選んでしまうと、失敗するケースが多いので注意が必要です。
看護師の求人情報サイトなどを利用して、事前に職場環境やスタッフの人数などの内部事情を調べる事をおススメします。
当たりの職場であれば、自分のペースで仕事ができるとても良い職場です。